病院に相談して身体の悩みを解消|専門ドクターが導くボディ

看護師

痛風を食事で改善

食事療法を取り入れる

nurse

痛風になる方が増えています。 以前は裕福な人達が痛風になることが多かったことからぜいたく病とよばれていました。 しかし、最近では多くの男性の方に症状があらわれるようになっています。 飲酒の機会も多くカロリーが高い食事を多く摂取してしまいがちです。 食事療法により改善することが出来ますので気をつけていかなければなりません。 たんぱく質や糖質や脂肪を多く含む食事は控えるようにしなければなりません。適正な摂取カロリーを維持する食生活が大切になります。 アルコール類も出来るだけ控えるようにしなければなりません。水やウーロン茶などにすると良いでしょう。40〜50歳代の方に多くみられるのも飲酒する方が多いことが関係します。

摂取したい食品を知る

食べ過ぎやぜいたくな食事ばかりしていると痛風になりやすいので、出来るだけバランスの良い食事を自炊するようにすると良いでしょう。 野菜類では、モヤシやトマトやジャガイモが良いでしょう。また海藻類ではノリなども効果があります。低カロリーですしプリン体含有量が少ないとされています。 痛風の方はプリン体の摂取を控えるようにしなければならないからです。また、尿酸を体外に排出することが大切になります。 カリウムを摂取することにより、利尿作用の効果をうながし尿酸の排出が出来ます。 これからの夏の季節には、水分が多いスイカを食べると効果があるといわれています。 痛風の痛みは、血液中で増加した尿酸が結晶して関節に沈着するために起こってしまいます。