人によって違う人探しの方法【プロはこうして探す】

人によって違う人探しの方法【プロはこうして探す】

虫眼鏡を持つ人

無闇に探さない

プロと素人の調査方法の違いとは、的確に探すかどうかという点にあります。探偵のようなプロに相談すると効率よく探すことができるのですが、それは状況によって探し方を変えて探すからです。

スーツの人

人によって行動パターンが違う

探偵に人探しを相談すると、まず誰が失踪したのかを聞かれます。性別や年齢も必須の聞き取り事項です。例えば息子なら両親への不満や素行不良で家出するパターンがあり、友達や仲間の家に身を寄せている行動パターンが多いです。認知症による徘徊が原因なら、路上や側溝に倒れている場合もあるので、すぐに探し始めることが大切です。

レディ

警察に相談した後は探偵へ

探偵の他にも警察が人探しをしてくれることがあります。家族が行方不明になった場合はまず警察に行方不明者届を出す方も多いでしょう。すぐに動き始めるとは限らないので、警察に届け出たあとは探偵に相談することも検討すべきです。

人探しで用意すること

  • 行方不明者の届け出をする警察署の確認
  • 届け出人を誰にするか
  • 本人の身体的特徴を書き留める
  • 行方不明になった日時を確認する
  • 家出の原因を調べておく
  • 届け出人の連絡先
  • 発見した後の対処をどうするかを決めておく

広告募集中